建設業

今日の不動産業界では、熾烈な競争が繰り広げられており、競争に勝つためにはサービスの差別化が必要です。ドローンは新しい視点を提供することで、お客様と仲介業者の両者の役に立ちます。空撮の写真や映像を使うと、これまでにないクリエイティブな方法で物件を紹介でき、物件の魅力を伝えるだけでなく、お客様は物件の周囲の環境も確認できるようになります。これまではコストがかかりすぎて大規模プロジェクトでしか使えなかった空撮が今では身近なものになっています。 DJI製品とソフトウェアを組み合わせると、よりクリエイティブな方法で物件を紹介できるようになります。例えば、空撮画像から3Dモデルを作成すれば、土地購入を考えている顧客に芝生の庭にどんなオーナメントや置物を置いたりするかなどを具体的にシミュレーションしていただくことが可能になります。仲介業者はインタラクティブな方法を提供することで、顧客は具体的なプランを思い描けるようになります。

ソリューションに役立つ弊社の製品

建造物の検査では、多くの場合、調査メンバーは壁をよじ上ったり、屋根の上や建設現場の足場を歩かなくてはなりません。 DJI Zenmuse X5カメラを搭載したDJI Inspireを使えば、1回の飛行で高品質な16メガピクセルの写真や鮮明な4K画質のビデオを撮影でき、地上でじっくり確認できます。空撮した映像を確認して問題のある箇所を特定できれば、ピンポイントで修理に取りかかれるため、迅速かつ効率よく作業できます。 DJI Zenmuse XTカメラを使用すれば、作業効率をさらに向上できます。大規模な構造物や複合施設の検査では、Matrice 100に本カメラを搭載するのが最適です。Matrice 100を使えば、最大30分の長時間飛行が可能で、広範囲なエリアでも余裕をもって検査できます。また、機動力が求められる現場では、Inspireに本カメラを搭載するのが最適です。必要なときに即座に離陸できるので、迅速な対応が可能です。本カメラは、建築物の総合的な情報収集に適しています。例えば、さまざまな分析の基礎になるヒートマップデータを作成でき、建築物に問題があった場合は、根本的な原因分析をしたり、今後発生しうる建築物の欠陥を予測したり、適切な改善策を検討するのにも役立ちます。

ソリューションに役立つ弊社の製品

皆様のご意見をお待ちしています