エネルギー

屋上・屋根に設置されているソーラーパネルや広大なソーラーファームの検査にDJIのZenmuse XTカメラを使用すると、作業を大幅に効率化できます。本カメラは鮮明な熱画像で温度の異常を正確に表示するだけでなく、広いエリアに設置されている稼働中のソーラーパネルを短時間でスキャン可能。不具合のあるパネルを迅速に探し出せるため、すぐに修理や復旧作業に取りかかれます。設備のダウンタイムが短いため、エネルギー生産レベルは最適に保ち続けられます。また、本カメラをDJIの別の機体 Matrice 100に搭載すれば30分以上の飛行が可能なので、1回の飛行で広大なエリアを調査できます。 DJIのInspireシリーズにZenmuse X3またはZenmuse X5カメラを搭載すれば、ソーラーエネルギーのプラントに設置されているパネルをスピーディに調査できます。4K画質のビデオで空撮して、事前調査しておけば、検査業者は不具合のある場所をピンポイントに検査できるので、効率よく作業できるようになります。

ソリューションに役立つ弊社の製品

風力タービンの保守検査では、高所作業を伴うため、作業員が危険にさらされることがあります。また、検査時は風力タービンを長時間止めるため、エネルギーの生産量が落ちてしまします。 しかし、ドローンを使って風力タービンを検査すれば、こうした状況を大きく改善できます。ドローンはタービンの近くを正確に飛行できるので、作業員は危険な高所作業から解放されます。また、DJIのPhantom 4やMatrice 100には衝突回避システムが搭載されているので、突風や操縦ミスによる衝突の心配がありません。 DJIのマイクロフォーサーズ対応のZenmuse X5シリーズカメラをInspireシリーズやMatrice 100などの機体に搭載すると、16メガピクセルの写真、4K画質のビデオを撮影でき、亀裂や割れ目、修繕が必要な箇所を見つけ出します。すべてのデータは機体に保存され、空撮した写真やビデオは現場で確認することも、オフィスに戻ってから確認することもできるます。施設のダウンタイムを縮小するとともに調査チームの全体的な効率を高めます。

ソリューションに役立つ弊社の製品

石油とガスの精製施設では、安全性と効率性がもっとも重視されます。設備の点検はオペレーションを維持するための重要なミッションですが、従来の方法では施設が広大で構造が複雑なため、効率よく点検できません。 しかし、ドローンを使えば、どんなに広大な施設でも空から迅速に点検できます。DJIのPhantomシリーズは高い高度から撮影できるだけでなく、近接での垂直撮影も可能。また、最新の機体は1回の飛行で最大30分間の飛行が可能です。また、FLIR社とDJIが共同開発したZenmuse XT赤外線画像センサーや大型マイクロフォーサーズセンサーを採用しているZenmuse X5といったカメラを機体に取り付けることで、あらゆる確認作業にドローンを活用できます。DJIのさまざまな技術を駆使すれば、精製施設の脆弱性を素早く見つけ出すことができ、問題の起きそうな箇所をスキャンしてガス漏れを特定するなど、さまざまな不具合検出に威力を発揮します。

ソリューションに役立つ弊社の製品

現代の長距離送電線は巨大な送電網の循環システムです。送電線は網の目のように張り巡らされ、高いところに設置されているため、保守整備には大変な労力がかかっています。従来はヘリコプターで調査するのが一般的でしたが、ドローンを導入すればより簡単に、より効率的に調査できるようになります。 DJI Zenmuse X5マイクロフォーサーズを搭載したDJI Inspire Proを使えば、調査チームは現場に到着後すぐに空撮を開始できます。オペレーターは16メガピクセルの写真と4K画質のビデオを撮影でき、飛行中にリアルタイムで映し出される高画質な映像を見ながら不具合箇所を確認できます。 積載容量の大きなDJI Matrice 600シリーズとDJI Ronin-MXジンバルと組み合わせれば、調査チームは重くて大きなセンサーカメラを使って、より専門的な調査が可能になります。DJI Matrice 600シリーズは、新しいA3フライトコントローラーを搭載しているので、センチメートル単位での正確なホバリングができるDJIのD-RTK GNSSシステムにアップグレードすることができます。また、サテライトシステムとIMUシステムをそれぞれ2個追加すれば、6重もの冗長性で飛行中の信頼性を常に担保できるようになります。さらにDJI SDKを使えば、標準飛行から完全な自律飛行へカスタマイズすることもできるので、調査をある程度自動化することも可能です。さらに、最大5機の同時飛行を実現できるベースステーションを使用すれば、さまざまな送電線を同時に調査できます。

ソリューションに役立つ弊社の製品

原子力は最も効率性の優れたエネルギー源のひとつです。原子力施設は、安全性を確保するために、極めて厳格な操作手順のもと運営されていますが、核物質は非常に危険なので、離れた場所から調査できる方法が必要不可欠です。 ドローンを使えば、従来の方法よりも迅速かつ安全に作業できます。DJIのZenmuse XT赤外線カメラが搭載されたDJI Inspireは、肉眼では確認できない潜在的な漏洩や構造物のストレスを赤外線技術で可視化します。また、InspireにDJIのマイクロフォーサーズ規格のZenmuse X5カメラを搭載すれば、さまざまな調査に対応できます。

ソリューションに役立つ弊社の製品

皆様のご意見をお待ちしています