建築とインフラ

今日の不動産業界では、熾烈な競争が繰り広げられており、競争に勝つためにはサービスの差別化が必要です。ドローンは新しい視点を提供することで、お客様と仲介業者の両者の役に立ちます。空撮の写真や映像を使うと、これまでにないクリエイティブな方法で物件を紹介でき、物件の魅力を伝えるだけでなく、お客様は物件の周囲の環境も確認できるようになります。これまではコストがかかりすぎて大規模プロジェクトでしか使えなかった空撮が今では身近なものになっています。

DJI製品とソフトウェアを組み合わせると、よりクリエイティブな方法で物件を紹介できるようになります。例えば、空撮画像から3Dモデルを作成すれば、土地購入を考えている顧客に芝生の庭にどんなオーナメントや置物を置いたりするかなどを具体的にシミュレーションしていただくことが可能になります。仲介業者はインタラクティブな方法を提供することで、顧客は具体的なプランを思い描けるようになります。

ソリューションに役立つ弊社の製品

建造物の検査では、多くの場合、調査メンバーは壁をよじ上ったり、屋根の上や建設現場の足場を歩かなくてはなりません。

DJI Zenmuse X5カメラを搭載したDJI Inspireを使えば、1回の飛行で高品質な16メガピクセルの写真や鮮明な4K画質のビデオを撮影でき、地上でじっくり確認できます。空撮した映像を確認して問題のある箇所を特定できれば、ピンポイントで修理に取りかかれるため、迅速かつ効率よく作業できます。

DJI Zenmuse XTカメラを使用すれば、作業効率をさらに向上できます。大規模な構造物や複合施設の検査では、Matrice 100に本カメラを搭載するのが最適です。Matrice 100を使えば、最大30分の長時間飛行が可能で、広範囲なエリアでも余裕をもって検査できます。また、機動力が求められる現場では、Inspireに本カメラを搭載するのが最適です。必要なときに即座に離陸できるので、迅速な対応が可能です。本カメラは、建築物の総合的な情報収集に適しています。例えば、さまざまな分析の基礎になるヒートマップデータを作成でき、建築物に問題があった場合は、根本的な原因分析をしたり、今後発生しうる建築物の欠陥を予測したり、適切な改善策を検討するのにも役立ちます。

ソリューションに役立つ弊社の製品

現在の都市は、経済の原動力となる商業を活発にするため、大規模な交通インフラに依存しています。しかし、交通インフラは前世紀に整備されたものが少なくありません。交通インフラの定期的な点検は、効率化だけでなく公共の安全を確保するためにも必要不可欠です。

すべてのDJIの機体は、さまざまなドローンの空撮用アプリに対応しています。アプリを使うと、DJIの機体を使って撮影した空撮映像から地表面の正確な位置を割り出すことができます。この情報を専用ソフトウェアで処理すると、センチメートル単位の精度で2次元オルソモザイク(正射投影画像)や地図を作成できます。また、3Dのバーチャルモデルを作成することも可能で、あたかもドローンの視点で撮影した映像の世界に入り込むような感じで調査することも可能です。こうした技術は、交通の専門家が環境のニーズを評価する仕事に役立ちます。

ドローンは交通の流れを監視するのにも使用できます。以前は航空機が必要でしたが、今ではドローンを使って上空から交通の流れを撮影して、俯瞰図を得られます。近い将来、ドローンが渋滞を最小限に抑え、事故や局所的な交通量増加をなくすことに貢献できると考えられています。

ソリューションに役立つ弊社の製品

DJIのドローンを使用することで、地理情報システム(GIS)の専門家たちは地理情報が付加された空撮映像を容易に収集できます。すべてのDJIのドローンは画像にGPS情報をタグ付けできるので、撮影した映像を空撮用アプリで処理すれば、点群、オルソモザイク(正射投影画像)、デジタル地形モデルなどを作成できます。ドローンが登場する以前は、航空機を使わなければこのようなマッピングを作ることはできませんでしたが、今では、ドローンのおかげでマッピングはとても身近な技術となり、個人や組織が自分たちの周りの世界を撮影して、マッピングを作成できるようになりました。データを取得する場合、地上基準点(GCP)を利用すれば、最も正確なデータを得られます。また、処理中にGPS情報をタグ付けすると、センチメートル単位の精度でマッピングが可能。Inspire 1は、高性能ですぐに飛行開始できるマッピングツールとしても使えます。Inspire 1には、弊社のZenmuseシリーズのカメラを搭載可能。カメラの解像度と重量を考慮して、最適なカメラを選択できます。Matriceシリーズは、独自のソリューションができるようにカスタマイズできます。Matrice 600の機体には、多彩なフルフレームカメラシステムを搭載できるので、さまざまなプロジェクトのニーズに対応できます。

現代の建設プロジェクトは人類史上かつてない規模で運営されています。これまでにない多種多様な資材や重機が利用されており、その技術と生産性は驚異的です。

多種多様な資材を十分に供給できるように資材の備蓄管理には、緻密さ求められます。多くの場合、管理には複数の人手と多くの時間を必要としますが、DJIのドローン技術と先進の空撮用技術を活用すれば、1人でも対応できるようになります。これらの技術を利用すれば、1mm未満の精度で3Dモデルを作成し、CADモデルと比較して建設の進捗状況を分析できます。DJIのPhantom 4とMatrice 100には、業界をリードする障害物感知回避技術が装備されており、データ収集の際は、安心して飛行できます。

ソリューションに役立つ弊社の製品

現在、資源採掘企業は一次産品価格の低下と規制圧力によって強いプレッシャーにさらされています。厳しい市場環境の中、現場を維持するためには、業務効率の改善が必要不可欠です。こうした状況を改善するためには、まずは改善ポイントの気づきが必要ですが、ドローンをこうした気づきにつながるデータをもたらしてくれるかもしれません。

地上基準点(GCP)を使って調査すれば、短時間で1センチ未満の精度のデータを確保できます。自動備蓄計算と傾斜評価により、生産高と採鉱上における機器の燃料消費コストに関する非常に貴重な実測値が得られます。

DJIのSDKを使用すると、企業はMatrice 100を使った自律LiDARトンネル検査など高性能なアプリケーションを開発できます。このようなアプリケーションを活用すれば、安全性は大幅に向上でき、費用は大幅に削減できるようになります。

ソリューションに役立つ弊社の製品

皆様のご意見をお待ちしています